中央大学アメリカンフットボール部

お知らせ

【第4回 ポジション紹介】TR

投稿日:

【第4回 ポジション紹介】

平素より中央大学ラクーンズを応援して頂き、誠にありがとうございます。

第2節に向けて、個性豊かなラクーンズのポジションに所属する新2年生たちを紹介していきます。

今回紹介するポジションはTRです!

(写真左から中村、中田、保苅、立野、蒲原、夏井)

【入部のきっかけ】

夏井:勧誘期に3年DB川嶋さんと3年TR遥香さんとお話しして、学生TRという立場でラクーンズの日本一の為に4年間捧げたいと思ったからです。

保苅:選手に勧誘されて、「日本一を一緒に目指そう」と言われ、心を奪われました!そして家族のような仲間を作りたい!選手を支えたい!という気持ちが溢れたからです!!

中田:部員の方々のオンオフのギャップに心が奪われ、少しでも力になりたいと思ったため。

中村:練習見学で感じた、選手の迫力とスタッフの一生懸命さに憧れたからです。この部活の一員になりたいと思いました。

立野:高校まで自分も部活をしていたので大学でも部活に入りたいと思っていて、ラクーンズの練習見学に来た時に初めてアメフトを見て面白いなと思ったのとトレーナーが練習を仕切ってるのがかっこよくて入部を決めました。

蒲原:今までは自分がプレーする側としての学生生活を送って来たので、最後の学生生活となる大学4年間は支える側となりたいという思いがあり、またraccoonsの選手スタッフ関係なく部員全員が真っ直ぐに日本一を目指す姿に惹かれ、入部を決めました。

【ポジションの好きなところ】

夏井:6人みんな仲が良い。思ったことちゃんと言える。以心伝心。

保苅:選手の一番近い存在でサポートできるところ!自分がリハビリ、ストレッチなど学んだことを選手に還元できるからすごくやりがいを感じるところ!

中田:なんでも言い合えるところ、興味があることに対して学べる環境が整ってる。

中村:学年関係なく、トレーナーユニットとして団結できるところです。また、テーピング練習や解剖学などにとことん付き合ってくださる先輩方がいます。

立野:同期TRもたくさんいて、先輩後輩の仲が良いところ。

蒲原:とても個性が豊かな6人で、皆でいると笑いが耐えないところが大好きです!

 

【どのようなスタッフになりたいか】

夏井:選手にこいつについていったら日本一になれるなと思ってもらえるようなTRになりたいです。

保苅:選手を第一に考え、視野を広く持って行動して選手から信頼をもらえるスタッフになりたい!

中田:一緒に強くなりたい、成長していきたいと思えるようなTRになりたいです。

中村:人としてもトレーナーとしても信頼される存在になりたいです。人間性もスキル面も先輩方からたくさん盗んで成長していきたいと思います。
立野:選手から信頼されて、頼ってもらえるトレーナーになりたいです。

蒲原:全ての言動・行動に常に責任が伴う事を常に忘れず、選手が安心して頼れるようなTRになりたいです。

 

-お知らせ

Copyright© Raccoons , 2019 AllRights Reserved.